腹水 メカニズム

腹水のメカニズムについて

スポンサーリンク

腹水とは腹腔に水が貯まった状態のことをいいます。
お腹のなかにある臓器をつつむ膜を腹膜といい、腹膜と腹膜の間には腹腔とよばれるすきまがあります。
腹腔には通常時でも20〜50mLの水が入っていますが、さまざまな病気により通常よりも貯まった水を腹水といいます。
では腹水ができるメカニズムはどのようになっているのでしょうか。
代表的なメカニズムは肝臓内のアルブミンの合成の不具合によるものとなります。
肝臓は血液中の浸透圧を調整するために必要なアルブミンを合成している臓器となっています。
アルブミンは浸透圧により血管中の水分量を保つことや余分な水分を血管へ取り込む働きをしているのです。
肝臓に異常があるとアルブミンの合成が正常に行われず血液中のアルブミンが少なくなるため、水分調整ができず腹水がたまっていきます。
他には炎症性の病気やがんのメカニズムにより、血管から血液成分である白血球や赤血球がしみだし腹水が生成されることがあります。

スポンサーリンク

腹水は少量の場合は症状にはあらわれませんが、大量にたまると腹部の膨張や不快感が生じ、他人からでも分かるようになります。
検査は超音波やCTにて確認します。
処置としては対象療法とはなりますが、腹壁を通し、針を穿刺して抜く方法があります。
治療としてはベッドで安静を保つことが最も重要となります。
安静を保つことで、肝臓への血流量が増えるためです。
食事についても気を付けることにより改善が認められます。
野菜や海草類に含まれるカリウムは塩分を外に出す効果がありますし、料理は薄味にして塩分を制限する必要があります。
他にはアルブミンの合成能力を回復させるためにアルブミン製剤の投薬をすることもあります。
アルブミンは血液中を流れる蛋白質の50%以上を占めていて、体を動かすにあたり重要な物質となっています。
あらゆる病気が原因となって起こりますので、対象療法だけでなく病気の原因の探索も同時に行う必要があります。
初期は症状を感じませんが腹部の膨満感や不快感が続くようなら早めに病院に行き検査を受けることが早期治療に繋がると考えられます。

スポンサーリンク