腹水がたまる原因

腹水がたまる原因について

スポンサーリンク

末期ガンの症状にあるという人がいますが、この時には体にさまざまな症状、が現れるようになっています。
その代表的なものとして腹水がたまるというものがありますが、腹水がたまる原因はどのようなものがしっかりと把握しておく必要があります。
腹水がたまる原因として、肝臓の末期ガンを頭に思い浮かべる人がいますが、必ずしもすべてがそうではありません。
他の部分のガンでも腹水がたまる原因になっていることがあります。
その原因の一つとして炎症による水分の漏れがあります。
癌が進行したり転移をしたりということになると、腹膜にガンの炎症が発生するようになっています。
その結果ガン性腹膜炎という症状が発症し、炎症が発生している部分から水分が漏れて腹腔のなかにたまることがあります。
このほかに考えられる原因としては、肝機能低下によってタンパク質が不足するということがあります。
ここには血液中のアルブミンという物質が関係しています。

スポンサーリンク

アルブミンはどのような働きをしているのかというと、血液中の水分をしっかりと保ち、血管のなかに水分を引き入れるという働きをしています。
しかし癌が進行することで肝臓の機能が低下してしまうと、十分な量のアルブミンを作ることができません。
その結果アルブミンが不足してしまい、血管の外に出てしまった体液を血管のなかに引き入れることができなくなってしまいます。
そして腹水がたまってしまうのです。
また体に腹水がたまった場合でも、健康な人の場合には腹膜から腹水が吸収されるようになっています。
ここで吸収された腹水に関しては、血管やリンパ管によって血液中に再吸収されるようになっています。
しかしここで再吸収の機能が低下しているということになると、腹水がたまったままの状態となってしまいます。
腹水がたまってしまうと、圧迫感があったり呼吸困難になったりしてしまいます。
したがってお腹に針を刺して水を抜くという処置が行われています。

スポンサーリンク