腹水がたまる 症状

腹水がたまるときの症状について

スポンサーリンク

何らかの疾患によってお腹の中に水がたまることがあります。
これは腹水といわれているものですが、胃や腸などを包んでいる腹腔という部分に水がたまっている状態となります。
たくさんの腹水がたまると体にどのような症状が現れるのかというと、腹部膨満感を感じるようになります。
すなわちお腹の張りとなります。
したがってしっかりと対処をする必要があります。
基本的に腹腔には20ミリリットルから50ミリリットルの水がありますが、病気などが原因となってタンパク質を含んでいる水がたくさん増えてたまってしまいます。
どのようなことが原因で水がたまってしまうのかというと、肝硬変や心臓の病気、このほかには腹膜炎や癌などが原因となっています。
原因によって非炎症性と炎症性に分けることができます。
腹水がたまるなかで非炎症性といわれるものは、肝硬変やネフローゼ症候群などがあります。
これに対して炎症性といわれるものは細菌性腹膜炎やガン性腹膜炎などがあります。

スポンサーリンク

腹水がたまると、体にどのような症状が現れるのかというと、基本的には量が少ない場合には自覚症状はありません。
しかし1リットル以上たまってしまうと、お腹が膨らんできて服のサイズが合わなくなったり体重増加が見られます。
このほかに見られる症状としては、腹部の膨満感や胃が圧迫されるような感じになります。
胃が圧迫されてしまうと食欲不振や吐き気を伴うことがあります。
肺が圧迫されてしまうと、息切れや呼吸困難などの症状が見られます。
症状がさらに進むと、血行不良や水分がたくさん体にたまることで体の冷えや疲れや倦怠感を感じることがあります。
そして全身のむくみや食欲が低下することで栄養不足の状態になってしまいます。
したがってできるだけ早く改善するための治療を行うことが必要になります。
食事の塩分制限をしながら安静にしておきます。
このほかに利尿剤を使って水分を排泄したり、アルブミンの静脈注射などが行われています。
たくさんの腹水がたまっているというときには、腹部に針を刺して吸引をするという方法が行われています。

スポンサーリンク