女性 腹水 原因

女性が腹水になる原因

スポンサーリンク

腹水とは、タンパク質を含んだ体液が腹腔に蓄積した状態のことなのです。
様々な病気の症状の一つで、このような状態になった時は末期の状態に近いこともあるのです。
女性が腹水になる原因では、卵巣がんの病気になっている可能性があるでしょう。
腹水が1リットル以上たまるとお腹の張り、洋服がきつい、食欲の低下などの症状が現れます。
見た目にも変化があり、お腹のふくらみが分かるようになるでしょう。
移行上皮がんや漿液性腺がんなどの場合は、進行がとても早い病気なのです。
腹水の症状が現れた時には、腹膜の中で炎症を起こしているケースも多いのです。
腹水の治療では、利尿薬を使って少しずつ抜いていく方法があるのです。
大量に抜いてしまうと、体液が一気に奪われてしまうので慎重に行うことが大切です。
塩分の摂取も控えるように心がけましょう。
卵巣がんは、腹水以外の症状も現れるようになるのです。
下腹部のしこり、排尿障害、便秘、月経異常、不正出血、貧血などがあるでしょう。

スポンサーリンク

腹部の膨張感、食欲低下、下腹部の痛み、頻尿などの症状は健康な女性でも月に2〜3回は起きるものです。
しかし月に12回以上ある場合は卵巣がんを疑う必要があるでしょう。
卵巣がんになる原因には、いくつかのことが考えられるのです。
初潮が早い、閉経が遅い、妊娠・出産経験がない、肥満、高血圧、喫煙、遺伝、月経不順などが原因で起こりやすいと言えるでしょう。
卵巣がんを予防するためには、定期的な検査を行うことが大切です。
女性の中には、異変が見られないと病院に行かない人もいるのです。
しかし症状が現れてからですと、病気が進行している場合も多いのです。
早期発見をすることで完治させることもできるので、検診を忘れないようにしましょう。
規則正しい生活を送ることも予防に繋がるのです。
十分な睡眠、バランスのよい食事、適度な運動を心がけることで病気を未然に防ぐことができるでしょう。
卵巣がんは手術をしても、再発率が非常に高い病気です。
治療後も定期的に通院をするようにしましょう。

スポンサーリンク