肝臓癌 腹水 余命

肝臓癌で腹水がたまるようになると余命は長くないので早期に発見を

スポンサーリンク

食欲不振や全身の倦怠感といった症状は肝臓癌である可能性もあります。
人間の臓器の中でも大事な役割を果たしている肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれるほど病気になっても自覚症状が現れにくいことで知られています。
肝臓癌を発症する人の多くは突然発症するわけではなく、肝硬変や慢性肝炎を発症していることがあります。
こういった病気を放置していると、やがては肝臓癌へと発展してしまうことが多いのです。
ウイルスが活動していると肝臓内で炎症が起こりやすくなってしまいますが、何度も炎症を繰り返していると遺伝子の突然変異が起こりやすくなってしまい癌化することがあるのです。
また、他の癌が肝臓に転移するという場合もあります。
食欲不振や倦怠感の他にも、人によってはお腹が張ったり発熱といった症状が出ることもあります。
特に痩せるようなことをしていないのにも関わらず、急激に痩せてきてしまった場合も要注意です。
栄養状態が悪化したことにより体重減少が起きることがありますので、専門の医師に診てもらうことが重要です。

スポンサーリンク

肝臓癌の治療は早期に発見出来れば外科手術によって取り除くことで余命を大幅に延ばすことも可能です。
また、同じ癌でも転移性の場合は予後が悪くなっています。
症状がどこまで進行しているかによっても余命は大きく変化します。
症状が進むとほとんど自覚症状が見られない初期と違って体に様々な影響が現れます。
お腹の中に水がたまってしまう腹水も進行期や末期に見られる症状の一つです。
腹水は血管やリンパから染み出したものであり、健康な状態の人でも少しの量であれば見られるものです。
しかし、肝臓癌の症状が進んでいるとこの腹水がかなりの量になってしまって臓器を圧迫したりするので苦しさをおぼえることになります。
腹水がたまるというのは多くの場合は末期であることが多く、そうなってしまうと余命はあまり長くはありません。
そのため、治療方法も対症療法が主になってしまいます。
こういった状態になるのを避けるためにも、肝臓癌は定期的な検査で早期に発見することが何よりも大切です。

スポンサーリンク