腹水 肥満 見分け方

腹水と肥満の見分け方について

スポンサーリンク

お腹が急に出てきた場合には、肥満が考えられますが、肥満以外にもいろいろな原因が考えられます。
重大な病気を見落とさないためにも、急に出てきた場合には、胃腸科を受診されることをおすすめします。
腹水と肥満との見分け方については、腹水が原因でお腹が急に出た場合であれば、その前に手足など身体のどこかにむくみが生じています。
むくみの度合いはひどく、指でむくんだ部位を押しても戻らないほどのむくみとなります。
 そのほかの見分け方については、腹水でお腹が出ている場合には、肥満とは異なりお腹の張りを感じます。
腹水は健康な人であっても、少しの量はたまっています。
腹腔内の液体がたまるようになります。
そして、何らかの原因によって大量にたまる場合には、治療を施さなければいけません。
一方、肥満の場合には、脂肪がたまるようになります。
そして、身体が太った場合には、お腹だけではなくお腹以外の部位にも脂肪がたまりますので、その点も見分け方のひとつとなります。

スポンサーリンク

 肥満は健康体で生じますが、腹水の場合には、臓器に何らかの機能障害があるために生じるようになります。
自分で行える判別方法については、お腹に力を入れて引っ込む場合には、太ったことが原因で、皮下脂肪のつきすぎでお腹が出ているというになり、お腹に力を入れても引っ込まない場合には、皮下脂肪ではなく腹水がたまっている可能性があります。
ただし、医師以外の素人が、正確な診断を下すことは不可能です。
 お腹に水がたまる原因として、肝臓で作られるアルブミンの低下が挙げられます。
アルブミンは、身体の水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧をキープしています。
さらに、体内のいろいろな物質と結合して、各々を目的地まで運ぶ運搬作用を担っています。
肝臓の機能が低下すると、アルブミンの量が減ってしまい、結果、浸透圧をキープすることができなくなって、血管から水分が出て行く状態となります。
そして、お腹に水がたまったり、むくんだりするようになります。

スポンサーリンク