癌 腹水 むくみ 余命

癌の腹水やむくみや余命について

スポンサーリンク

癌は決して治らない病気ではありません。
しかし治療のためには早期発見が必要となります。
またガン細胞をしっかりと取り除くということが一つのポイントとなります。
この中で治療が進まず末期症状になることも珍しいことではありません。
癌の告知で発見が遅れた場合、すでに治療をすることができない状態になっているときには、医師から余命宣告が割れることがあります。
半年であったり数ヶ月というようなものです。
しかし医師の判断が必ずしも正しいというものではありません。
余命宣告を受けたからといって、必ずしもその期間までしか命がないということはありません。
余命宣告を受けてもそれよりも長い期間生きることができる人はたくさんいます。
これに関しては非常に慎重に扱わなければいけない項目となっています。
では実際に末期癌になったときには、体にどのような症状が現れるのかが気になります。
進行の度合いを現すものとしてステージというものがあります。

スポンサーリンク

そのなかで一番進んだ状態であるステージ4の状態が末期症状であるかというとそうではありません。
末期の症状というのは、手術などの治療をすることができない状態となります。
すなわち死期に入っている状態のことになります。
具体的にどのような症状が体に現れるようになっているのかというと、食欲が低下するので痩せてきます。
顔の頬の肉も取れてしまいます。
このほかにむくみの症状や腹水がたまってきます。
むくみや腹水に関しては、体の中の水分調節を上手にすることができなくなり、その結果手や足がむくみます。
腹水はお腹に水がたくさんたまり、水を抜いてもすぐにたまってしまうという特徴があります。
この他に血圧低下があります。
心臓などの循環器の働きが弱まることが影響をしています。
癌細胞によって神経が圧迫されるので、体の至る所に痛みが発生することがあります。
この場合緩和ケアが行われていますが、モルヒネなどが投与されて痛みをコントロールするという処置が行われています。

スポンサーリンク