末期がん 腹水 余命

末期がんの腹水と余命について

スポンサーリンク

医学の発達委によって早期発見をすることで治療がそれほど難しくなくなっているのががんになりますが、発見が遅れたり手術をすることが難しいところにガン細胞ができてしまったという場合には、治療を進めるのが難しくなります。
したがって対処療法というのが中心となり、最終的には末期がんの状態となります。
がんはさまざまな症状を引き起こすようになっていますが、その症状のなかには腹水や胸水や浮腫というものがあります。
この中で末期がんの症状として腹水がありますが、これは水分のバランスが崩壊しているという合図となります。
末期がんになると、体のあらゆる所に水がたまるようになっています。
したがって腹水もその中の一つとして考えることができます。
がんが進行し悪液質になっていると判断することができます。
このような状態になると余命がどのくらいかという判断をする医師も少なくありません。
悪液質が進行し、余命数ヶ月の状態になるとお腹や胸に水がたまりやすくなっています。

スポンサーリンク

ここで腹水や胸水のことをしっかりと把握しておくことで、治療のなかで正しい選択をすることにつながります。
悪液質が進行し、余命が数ヶ月になると水分のバランスが崩れてきます。
するとコントロールをすることができなくなり、普通に生活をしているときにはたまることがないような部分にも水がたまってくるようになっています。
ここで一つの目安として、横隔膜より上で発生したというがんの場合には、胸水がたまりやすくなっています。
これに対して横隔膜より下で発生したがんの場合には、腹水がたまりやすくなっています。
大腸がんは骨盤のなかにがんが発生するようになっていますが、この場合は足のリンパの流れが悪くなるので、足に浮腫が見られるようになっています。
お腹に水がたまるということは常にお腹がはっている状態になり、少しの食事や飲料しか摂取することができなくなってしまいます。
胃や腸を圧迫するようになっているので、食欲の低下が見られます。

スポンサーリンク