腹水穿刺 副作用

腹水穿刺の副作用について

スポンサーリンク

肝硬変や腹膜炎などを発症すると、お腹の中に腹水という液体が大量に貯留することがあります。
腹水は、お腹の中に何リットルも溜まるため、時に呼吸がしづらくなったり、食欲が低下したり、便秘になったりします。
また、非常にお腹が大きくなることで、女性などでは精神的な苦痛を強く感じる場合もあります。
腹水の原因は、アルブミンというタンパク質の減少や門脈といわれる静脈の内圧が上昇することが原因であると考えられています。
腹水が大量に貯留している場合には、まず原疾患の治療が優先されます。
肝硬変や腹膜炎の治療で腹水が減少するならば、それがベストといえます。
しかし、そのような治療で改善が見られない場合には、アルブミンが減少していることが原因と考えて、アルブミン製剤の静脈注射を行ったり、門脈圧の上昇は、血液量が多いことが原因と考えて、尿を増やす利尿剤の内服などを行います。
これらによる腹水の原因へのアプローチが効果をあげない場合、腹水穿刺が必要になります。

スポンサーリンク

腹水穿刺とは、腹水が溜まっているお腹の中の腹腔に穿刺針を刺して直接腹水を抜き取る治療方法です。
原因疾患を治療していないので、一時的な対症療法ですが、腹部の膨満はこれで改善します。
腹水穿刺には様々な副作用があります。
その中でも一番気負付けるべき副作用はショック症状です。
ショック症状とは、末梢の血管が開いてしまう事により起こる全身の血圧の低下です。
血圧の低下は脳への血流の減少を意味しており、命に係わる状況です。
こうなる原因は急激な腹水の減少であると考えられています。
急激に腹水が減少することで、それまで圧迫されていた消化管の細い血管が広がり、そこに血液が流れ込むことで、全身の血圧は逆に低下してしまうのです。
腹水穿刺の副作用としては、感染も非常に注意が必要です。
腹部に指す針は比較的太く、静脈注射などと比べても感染リスクは上昇します。
腸管の損傷も、漏れ出る消化液により腹膜炎を起こすため副作用になります。

スポンサーリンク