腹水 体重増加

腹水と体重増加について

スポンサーリンク

肝臓癌などで体に現れる症状として腹水というものがあります。
すでに他の治療をすることができないというような末期の状態の時に現れるようになっていますが、体の中で水分調節をすることが難しいということが原因となっています。
お腹の中に水がたまってしまうので、お腹がはったり体重増加などの症状が見られるようになっています。
なぜ肝臓癌で腹水がたまるようになっているのかというと、それは次のようになっています。
腹水とはお腹にある臓器や臓器の隙間となっている腹腔の中に水がたまった状態です。
したがって水とはいってもただの水ではありません。
ここには血管やリンパ液からしみ出しているという特徴があり、タンパク質や電解質というような栄養分がたくさん含まれています。
必ずしも癌になった人だけがたまるというものではありません。
健康な人でも数十ミリリットルの水がたまるようになっています。
これは腸が動くときのサポートをしてくれるという役割があります。

スポンサーリンク

基本的には再び吸収されて一定量を維持するようになっていますが、病気が原因となっている場合には、吸収される分よりもたまる分の方が多くなってしまいます。
したがって最終的に体の中の臓器が圧迫されて苦しい状態となってしまいます。
肝臓癌の場合には血液中のアルブミンというタンパク質が少なくなることで発生してしまいます。
腹水がたまると体にどのような症状が現れるのかというと、腹部の膨満感や息苦しさ、このほかには体重増加があります。
多い場合には数リットルもたまることがあるので、体重増加は非常に明らかにわかります。
これを放っておくと腹膜炎を発症させる可能性があるので、しっかりと対処をしなければいけません。
一度にたくさんの水を抜くと体力の低下やショック症状を引き起こす可能性があるので、様子を見ながら利尿剤などを使って少しずつ抜いていくということが行われています。
薬で改善できないという場合には、細い管をお腹に刺して直接抜くという方法が行われています。

スポンサーリンク