腹水 見分け方

腹水を見分けるには?

スポンサーリンク

別記事で腹水と肥満の見分け方について話題をすでに上げておりますが、今回の記事では純粋に「腹水」という病気をどのように判断して、見分ければいいのかを解説していきたいと思います。
まず、腹水になったことはありますか?
おそらくないと思います。
しかしながら正確に言うなら、「なったことがない」のではなく、「なっていることに気づいていない」のが正しい場合が多いようです。
腹水というのは、「なんか最近太ってきたなー」とか「肥満気味だなー」などといった日常の勘違いが招くことが多くあります。
このような誤解があるからこそ、腹水にかかったことがないという人が多いのです。
それでは、どのようなものが腹水なのか?
これについて話していきましょう。
まず、腹水の特徴としては、腹腔内になんらかの理由で体液が溜まってきます。
これによりだんだんとひだいしていくことで、「お腹のなかに水が溜まったように見える」ことから腹水というのですが、この「体液」がどこからでているのか?
これが重要になってきます。

スポンサーリンク

だいたいは、体液が流れ出す理由としては、心身ともに疲れてくることによるストレスなどで、臓器や胃に穴が開いたりすることで体液が漏れだします。
一番多いのは「胃」なのではないかと言われております。
よく聞きますよね。
「ストレスで胃に穴があきそう」
というセリフ。
これはまさにストレスなどで穴が開いてしまうんですね。
なので、体に異変を感じたらすぐに医療機関へ行って診てもらうことが重要です。
この体調不良となんだか太ってきたなーとか、お腹がポッコリしてきたなーなどの症状があれば腹水を疑ってみてもいいと思います。
この腹水は、甘く見ると怖い目にあったり、取り返しのつかない事態になりますので、早期発見をして適切な処置をとっていければベストです。
とにかく、お腹あたりに異変を感じて、体重が増えてきたりなかなか減らなかったりしたら、まず腹水を疑ってみてください。
腹水じゃなかったらそれはそれでいいのですからね。

スポンサーリンク