腹水 原因

腹水の原因がわからない時は

スポンサーリンク

今回の記事では、腹水の原因がわからない時にどうしたらよいのか?
こんな時の不安な気持ちを和らげる方法や考えかたなどをお伝えしようと思います。
まず、腹水の原因がわからないなんてことあるんですか?
と疑問が出てくるかと思います。
私も疑問をもった一つの質問でした。
しかしながら、現実はなぜ腹水になったのかがわかりにくいのも現状なのです。
癌患者の方などは、もともとの病気に関連した腹水という症状なので原因が明確でわかりやすいです。
病気に関連すると原因がわかりやすいのですが、なかなかそうはいきませんね。
「いきなり体重増えて病院にいったら、腹水だった」とか「なんか体調悪いなーと思ったら腹水だった」など。
こんなことがあった場合原因を特定することがなかなか難しいんです。
それはなぜか?
心当たりのある原因が見つけにくいからです。

スポンサーリンク

なので、原因がわからずこの先の生活に不安感を抱く人も出てきます。
そこで、どのようにしたらこの不安な気持ちなどを緩和したりできるのか?
ここが気になりますね。
まずは、考え方が重要です。
・いまの症状が治ったら次は発症しないと考える
・発症したのは、たまたまだと考える
・いつも通りで問題ないと考える
こんな風に考え方一つでもかなりの確率で不安感を払拭できます。
なぜこのように考え方で不安感を払拭してほしいのか?
これは、病気は精神的な状態が大きく影響する場合があるからです。
「病は気から」とことわざがあるように、気持ちの持ちかた次第で病気になったりならなかったりすることもあります。
実際には、癌という病気がこの要素を多く含んでおります。
そのため、気持ちを強く持って、不安感を払拭することで病気の再発をなくすことが重要だと考えております。
ここまでで、腹水の原因がわからない時にどうしたらよいのか?
ご理解いただけたでしょうか?
おそらく最初は不安感が強いため、このような考え方にするのは難しいかもしれません。

しかしながら少しずつ訓練することで、腹水意外にも応用できますので、是非考え方の癖をつけてください。
みなさんの病気が早く良くなることを祈っております。

スポンサーリンク