膵臓癌 腹水 余命

膵臓癌と腹水の関係性と余命について

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!
当サイトを本日もご覧いただきありがとうございます!
このサイトでは、「腹水」という病気をターゲットにさまざまな視点から解説をしております。
そして、今回の記事では「膵臓癌と腹水の関係性と余命について」をお話ししていきたいと思います。
それではいきますね。
まずは、膵臓癌と腹水はどのような関係性があるのでしょうか?
この辺が疑問点になるかと思いす。
膵臓癌になると症状として、腹腔内に腹水がたまるというものがあります。
なぜたまるのかと言いますと、膵臓癌になると腹膜炎になることがおおくその影響で腹腔内に腹水がたまるようになります。
膵臓癌患者さんは定期的に腹腔内の水を抜くという作業があります。
膵臓癌が悪化すると癌性腹膜炎という病気を発症します。
これは癌細胞が腹膜内に拡散されて炎症を起こす病気なのです。
炎症を起こしている部分から体液が漏れ出すために腹腔内に腹水が溜まってしまうのです。
毎日結構な量がたまってくるので、定期的に水抜きしないと本当に危ない状況になります。

スポンサーリンク

なぜ危ないのか?
それは、腹水により膨張した腹部の周囲の臓器が圧迫されてしまうからです。
この圧迫によりさらなる疾病を呼び起こす可能性が高くなります。
ちなみに、膵臓癌で腹水がたまるようになるという事実がある場合、ほとんどの確率で癌の進行度合いが末期であることがあります。
そのため、末期症状ですので心のケアも必要になってきます。
よって、膵臓癌で腹水を発症すると余命はそんなに長くないということになりますね。
膵臓癌と腹水の関係性はいかがでしたでしょうか?
どれくらい理解していただけましたでしょうか?
腹水になった方や膵臓癌を経験された方、参考になりましたでしょうか?
このような状況は経験者にしかわからないのですが、こうしてインターネットでシェアすることにより手軽に事実関係を確認していただく機会を増やせているかと思っております。
1人でも多くの方にお役に立てたら嬉しく思います。

スポンサーリンク