腹水 種類

腹水の種類はさまざま

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!
腹水についてさまざまな角度から解説する当サイトへお越しいただき本当にありがとうございます。
今回は、「腹水の種類について」お話ししていきたいと思います。
腹水って腹腔内に水がたまる病気というのはこのサイト内で何度もお話をしているので、知ってるという方も多いかと思います。
そんな中でも、腹水にはどうもさまざまな種類があるとの情報を仕入れましたのでそれについて今回は詳しくお話をしたいと思います。
さて、腹水にはどのような種類があるのでしょうか?
大きくは2つの種類があります。
まずは、「漏出性腹水」です。
この腹水はどのようなものかといいますと、「腹腔内の血管から、水分のようなものが漏れ出す」ものを言うそうです。
しかも、この「漏出性腹水」には「炎症性と非炎症性」の2つの種類がさらにあります。
この2つは、発症している病気によりことなるようです。
どんな病気なのかはかなり難しいので、ここでの解説は控えさせていただきますが、症状がまったく違うということは言えます。

スポンサーリンク

次に、2つめの腹水の種類についてお話しします。
2つめの腹水は「滲出性腹水」です。
この腹水はといいますと、少しわかりにくいのですが、血液成分である血球が漏れ出す腹水になります。
漏れ出すことにより、リンパ管などが詰まってしまい、炎症を起こしてしまうのです。
つまりこの腹水は、細菌感染やリンパ性の癌などにより引き起こされる腹水ということになります。
2つの腹水についておはなしさせていただきましたがいかがでしょうか?
2つめの腹水がかなり重篤なものであることがわかったかと思います。
腹水でも、種類によって症状がかなりことなることから、治療法についてもその時の症状に合っているものでないと改善が遅くなるまたは、改善しないということになるそうです。
そのため、自分が腹水と診断された場合は、「どのような種類の腹水なのか?」をしっかりと教えてもらうまたは、自分なりに調べるということが大切ですね。
この記事が読んでいただいたみなさんにお役に立てたら幸いです。

スポンサーリンク