腹水 症状 見分け方 コツ

腹水の症状の見分け方のコツ

スポンサーリンク

腹水は、体の疾患によって胃や腸などを包んでいる腹腔に水がたまった症状です。
水が溜まるとお腹が膨れ違和感があります。
たまりすぎると苦しい状態になります。
腹水の原因は、病気です。
肝硬変や心臓病など何らかの病気が原因で腹水の症状になります。
見分け方のコツは、お腹が膨れる、体重の増加、洋服がきつくなるなどに加えて、胃が圧迫され満腹感になる、疲労、食欲不振や吐き気、血行不良、むくみなどの症状が出ます。
体重の増加で太ったと勘違いする方も少なくありません。
疲労がたまり倦怠感があったり、体の不調が回復しない場合には、病院の検査を受けましょう。
腹水の見分け方のコツは、大きく言いますと体の不調です。
治療をすることで改善しますので安心して治療を受けましょう。
お腹が膨れてきたり疲れが取れない方は内科で検査を受けるましょう。

スポンサーリンク

治療方法は、食事が中心になりますが、尿を出すこと、ゆっくりと安静にすること、腹水を出す吸引治療があります。
病気が元で腹水になったので元の病気を治療する必要があります。
健康診断を受けることをお勧めします。
病気のサインを見逃さないで検査を受けることが早期発見につながります。
早期発見が早期治療となり体が早く楽になります。
見分け方のコツを理解されて注意深く体を観察することが大事です。
お腹が張った感じがして苦しい時、症状が長く続く時、体調がすぐれない時、お腹が異常にゴロゴロなる、げっぷをすると少し楽になるなどの症状の時には、我慢しないで病院へ行きましょう。
特に中高年になると塩分を控えたりして食事に気をつけることが必要です。
生活習慣を見直して健康な生活を送りましょう。
生活習慣が健康な体つくりをする基本です。

スポンサーリンク