女性 腹水 原因

女性にみられる腹水の原因は

スポンサーリンク

腹部が張ってしまう原因の一つに腹水が溜まっているという症状がありますが、腹水の原因も実にさまざまで、とくに病気の場合はアルコールが関連した肝炎や肝硬変などが有名ですが、他にも腎不全や心不全、腹膜炎やがんなど、いろいろな病気が原因の場合もあります。
もっともこれらの病気は基本的に性別に関係なく発症しますが、女性特有の婦人系の病気によっても腹水がみられることもあります。
とくに卵巣がんの場合は高い確率でみられますし、子宮がんの場合でも腹水が溜まった腹膜にがんが転移して引き起こることもあります。
このように女性のみの疾患にみられるケースもあるので、女性はとくに腹部の張りには日頃から注意をしておきましょう。
ちなみに腹部の張りや膨らみ以外にも、胃が圧迫されることによる食欲不振や吐き気、肺が圧迫されることによる息切れなどの症状がみられることもあります。

スポンサーリンク

怖い病気のサインである可能性もある腹水ですが、ストレス性の腸の炎症やウイルス性の比較的軽度な病気などでもみられることがあります。
もっとも素人ではそれらの判断は基本的に不可能なため、病院を受診して医師による検査を受け、原因を探るようにしましょう。
また婦人系の病気に限らず、男性と比較すると女性の方が腹部に水が溜まりやすい傾向にあり、これは身体的な特徴による違いである可能性が高いですが、だからといって男性があまり発症しないのかと言えば、決してそういうわけではありません。
それゆえに性別に関係なく生活習慣などの注意は必要ですし、治療方法に関してもとくに性別によって違いはなく、軽度の場合はとりあえず安静にしつつ、薬物療法や食事療法などで治療を施しますが、それで改善しない場合は直接腹部に針を刺して腹水を抜くことが一般的です。

スポンサーリンク