腹膜播種 腹水 症状

腹膜播種によって腹水の症状がでる可能性が高い

スポンサーリンク

腹水が増えてしまう要因の一つに、腹膜播種があります。
目には見えない小さながん細胞によっておきるので、腹膜播種にならないためには早期にがんを発見する必要がでてきます。
がんの転移方法の一つですので、よほど進行したがんにならない限りは腹膜播種が出てくることはないはずです。
腹水だけではなく、腹痛などの症状がでてくることが分かっています。
病院に行けば、腹水を抜いてくれる処置をしてもらえますので一時的に症状が改善されます。
しかし、原因になっている腹膜播種は完治が難しい病気です。
さまざまな治療方法がありますが、症状を軽減することを目的にしています。
できるだけ専門医に診てもらうだけではなく、治療を継続していけば日常生活に支障をきたす可能性は減らせます。
腹水などの症状があれば、放置せずに早めに医療機関に行けば対処する方法は存在しています。

スポンサーリンク

がんになったからといって、必ず腹膜播種が起きるわけではありません。
かなり進行したがんでなければ、発生しないことが分かっています。
腹水に限らず、体調が悪くなる症状があれば医師に相談することが重要です。
腹水の症状が続けば、食事がとりにくくなり栄養が不足します。
より病状を悪化させてしまう可能性が高いので、我慢せずに治療を受ければいいです。
時間がたてばたつほど、腹膜播種の対応が難しくなっていきます。
手術で治せるものも、時間の経過によって切除できなくなる可能性が高くなります。
定期的に通院をして、異常が起きていないか医師に確認してもらえば悪化を防げます。
また、薬などが処方されればきちんと飲むことです。
あとは、健康的な生活習慣を送れば体調が悪くなる可能性を減らせます。
お腹に水がたまりにくくなれば、さまざまなことができます。

スポンサーリンク