胃がん 腹水

胃がんで腹水がたまる原因と治療について

スポンサーリンク

胃がんで腹水がたまる原因について説明致します。
胃がんは日本人に多い癌です。
特徴は非常に進行が早く転移するスピードの速い事です。
厄介なことに早期の段階では目立った症状がわかりにくいのでかなり進行した状態で発見される事があります。
胃がんの症状の特徴としてお腹の痛みや胃の違和感や嘔吐や食欲低下などがあります。
そして注意しなければならないのは真っ黒な便です。
この色の便が出ることはかなり癌が進行している状態の可能性が高いです。
治療は薬物療法や外科手術や放射線療法があります。
そして治療を行う時に腹水が溜まる事があります。
腹水が溜まると余命僅かとか言われていますが必ずしもそうではないです。
胃がんが原因と言うより癌の転移が考えられます。
ただ腹水が溜まると言うことは緊急事態である事にかわりはないので治療は急がれます。
食欲低下や呼吸も難しくなる為、緊急入院する必要があります。

スポンサーリンク

次に治療法と注意事項について説明致します。
胃がんで腹水が溜まり注意しなければならないのは胃のなかの内容液に癌細胞が含まれているので胃が破れて内容液が体内に漏れると癌が転移する原因になります。
ですので水が溜まると緊急入院することになります。
治療法について免疫力をあげる方法とおなかの中の水を抜く方法があります。
おなかの中の水を抜くと余命あと僅かと言われてきましたが新しい治療法として「KM-CART」があります。
最新式の腹水ろ過濃縮再静注法を、わかりやすく言うと必要な成分だけを取り出し再び身体に戻す方法になります。
身体に戻す際に特殊なろ過フィルターを通じて必要な成分を濃縮して静脈内から身体に戻す方法です。
メリットは身体の負担が少なく必要な栄養分も戻る事になり免疫機能の改善が期待できます。
またろ過したフィルターを洗った時にでる液体に癌細胞や血液細胞が含まれていてワクチン治療に有効活用できるように研究が進められています。

スポンサーリンク