膵臓癌 余命 腹水

膵臓癌の余命と腹水発生の関係及び治療

スポンサーリンク

膵臓癌はとても難病性の病気として上げられています。
膵臓は体の中心部分にあり、2つの働きをもっており、1つは、食物の消化を助ける役目があり、消化酵素であるアミラーゼ、リパーゼ、トリプシノーゲンを含んだ膵液を出す役目とインスリンとグルカゴン等、体の血糖値を調節する為の成分を産出する役目があります。
膵臓癌の90%以上は、膵臓に繋がる管の部分に癌が発生する確率が高く、別名膵管癌と言います。
膵臓癌は早期発見が難しい病気で、見つかった時は手遅れになる可能性も高いと言われており、余命についても1年生存率も低い値が出ています。
癌が進むと腹水も併発して来るので、お腹の張りはじめて膨張してきます。
腹水は腹腔内に溜まる病気で、腹水が溜り過ぎると体に危険信号を出している証拠と言われています。
この症状と膵臓の癌が重なると余命はかなり厳しい数字となります。
余命何年とは聞きたくないですが、生存率で言うと膵臓癌で手術をして、生存率としては、1年で50%程度になります。

スポンサーリンク

膵臓癌の発生原因としては、慢性膵炎や糖尿病になっている人はリスクが高いと言われ、どうしても炎症を繰り返す為、膵臓に負担がかかり発生しやすいと判定しています。
又、喫煙も原因と1つとして上げられており、毎日の喫煙ですと、癌のリスクを数倍になる事と、肉食を好む人で、動物性脂肪と動物性たんぱく質を多く含むものを取るとリスクが倍増します。
生活習慣の要因では肥満の人、夜間作業が多い方に発生傾向が見られています。
対応策としては、先ず喫煙者は、禁煙をする事がリスクを回避出来る方向です。
食事予防療法として、肉食から野菜、果物への食習慣改善を行う事で、リスクを軽減出来ますし、食事の変更と軽い運動を同時に行う事で、体の健康状態を促進する事が出来るので、予防管理としては、とても良い方法です。
膵臓の癌は、恐ろしい病気ですが日頃の生活習慣に気をつけて、自分の健康状態を維持する事で予防出来る病気です。

スポンサーリンク