腹水 脂肪

腹水と脂肪の違いと原因治療について

スポンサーリンク

先ず、腹水と脂肪の違いですが、腹水は、体に異常が発生して要る時に腹腔内に水分が溜まり発生するものを言います。
脂肪は溜まるものが腹水とは違うので、一般の人が見分けるのは非常に難しいです。
但し、体脂肪測定器で調査してみると少しは理解出来る方法があります。
後、脂肪は腹だけでは無く、体のいろんな部分についてくるのが普通です。
腹水は健康な方でも、体の中に存在いるのが普通であり、この量が異常に増えた時に発生するものです。
傾向としては、末期がんの状態、慢性疾患を併発している方に多く発生し、あまり急性型の症状には見られない傾向になります。
この腹水の役割は、腹膜から少しずつ分泌されて、腸がはたらくときの潤滑剤の役割をもっていますが、健康な方は腹膜から分泌されたものが、又、腹膜に戻る様に循環して一定量を保っているのが、正常な状態です。

スポンサーリンク

しかし、この腹膜から分泌されたものが、詰まってしまい、腹腔内に残り異常が発生する事になります。
症状は、特に腹部の膨張と不快感が発生するケースが多く、他にも色々な症状を併発してきます。
処置と治療については、先ずはベットに寝て安静を取る事が必要になります。
1日の塩分摂取量と水分摂取量を管理制限し、治療を行います。
又、それに加え投薬も必要になり、利尿剤とアルブミン投薬を行い調整していく事で、対応します。
現在では特別な方法としては、CART治療法があり、この方法だと体の大切な成分をキープしながら、体の中で戻す事が可能な方法であり、良好治療と言われています。
脂肪と腹水の症状は、全く違うので自分の体に変化が生じた場合、腹部の膨張や不快感、吐き気、いつもと違うと感じた場合は、早めに通院して調査する事で大きな病気に対する予防が可能です。
自分の体のサインを見逃さない様に注意する事が必要です。

スポンサーリンク