ガン 腹水 余命

ガンによる腹水と余命に関しての基礎知識

スポンサーリンク

ガンは必ずしも治癒しない病気ではありません。
しかしながら治療には早い内での発見が結果を左右するのです。
加えてガン細胞をきちんと取り去るということが要点となります。
治療そのものが進まず末期症状と化すことも少なくありません。
発見が遅くなったというようなケースでは、医者から余命の宣告がされることがあります。
しかしながら医者の解釈が絶対に間違いないというものではありません。
余命宣告をされたから、絶対にその期間中しか命がないということなどありません。
余命宣告をもらっても長期にわたり生きる人は少なくありません。
これについてはとても注意深く扱わなければいけないものと言えます。
それでは実際のところ末期癌になったケースでは、肉体にどの様な病状が現れるのかが重要になります。
進行度を表すものとしてステージがあります。

スポンサーリンク

ガンの末期症状は、手術をすることが不可能な状態です。
その結果死期に位置している状態と考えられます。
実際的にどの様な症状が現れるかといいますと、食欲が悪化するので痩せます。
顔面の頬の肉についても取れます。
ほかにむくみの自覚症状であったり腹水がたまります。
むくみもしくは腹水は、身体全体の水分コントロールを効果的にできなくなり、その為手もしくは足がむくみます。
腹水については腹部に水が大量にたまり、抜いてもすぐたまるという特性があります。
他に血圧の低下が想定されます。
心臓等の循環器の活動が低減することが悪影響しています。
癌細胞を通して神経が圧されることから、身体の至る所に痛みが生じることに繋がります。
こうした場合いわゆる緩和ケアが行われますが、モルヒネによって痛みを調節するという医療行為が施されます。

スポンサーリンク