腹水 余命

腹水の排出と余命との関係性について

スポンサーリンク

癌末期ともなれば、癌の場所により腹水がたまることが考えられます。
お腹にたまる水で、妊婦のように大きくなります。
こうした水の圧力によって便が出にくくなったり、逆に下痢になる患者もいます。
お腹にたまった水は、体外に出すことができませんので、体外より管の方法で外に排出する必要があります。
腹水がたまった状況でいると食欲不振、あるいは便秘といった特有の症状に悩まされます。
腹水がたまることは、癌を患っている方において余命が多くないケースに多く逆に言えば、腹水がたまったケースになると、それほど命は先が長くないという手掛かりになります。
水がたまるという耐え難い自覚症状を穏やかにするために、お腹に管を差して水を抜く治療法を行わなければなりませんが、水を出したといって間をおかず特有の症状が回復するとはいえません。

スポンサーリンク

水を抜き取ることで病を患っている方は、お腹が大きくなることでもたらされる苦しい特有の症状がその時だけ、よくなります。
しかし、お腹の水をひとまとめで全て抜くことはできません。
もうすでにこうした水は、身体的な一部となっているので一気に抜くと、かえって基礎体力がなくなり衰弱します。
癌で余命が無い病を患っている方に水を全部抜くと、余命が短くなります。
したがってお腹の水を体外に排出するときには、用心しながら少しずつ外に出していくことが必要になります。
出す量は病を患っている方の病気の状況と、基礎体力によって異なります。
医者の判別で出す量が決められます。
出した直ぐ後は肉体は負担が軽くなりますが、すぐにまたお腹に水がたまってしまい、不快な感覚が生じます。
あらためていうまでもなく、根本的な原因の解決が必要です。

スポンサーリンク