腹水 場所

腹水がたまる場所についての基本的知識

スポンサーリンク

腹水はお腹に対して水がたまることを意味します。
臓器は、背骨についた状況でその表を腹膜という名の膜が包みこんでいます。
腹膜という場所は背骨より現れて内臓にかぶさってふたたび背骨において閉じているため袋という様な外観をしています。
その内に臓器が入ったとなっています。
疾病に限らず、腹膜には少ない量の水がたまっているので腹水と言われています。
腹水は腹膜にたまることを通して腸が動く際に潤滑油に相当する大切な役割を行っています。
なにかしらの要因で腹膜にたまる水が吸収されないと、その分だけ腹膜の場所において水の量が増えます。
腹膜の水分の量が過多になると内臓を圧するようになります。
そして、お腹が張り、みぞおちに痛みが発生し、呼吸することが苦痛になるなどの症状が現れます。
一般的に考えて癌の末期症状の一つであると言われています。

スポンサーリンク

腹膜にたまる水分が吸収不可能になってくるのは血液の中のアルブミンという名のタンパク質が減少することで、吸収する力が下がるためです。
アルブミンは肝臓の場所で作られることから、肝臓機能が下がることで発生します。
加えて、腹膜が雑菌などによって炎症を引き起こすと水が腹膜に対して多量にたまることがあります。
腹膜に不具合がないケースでも、腹膜より外に水分が出される時に効果的に出されないとたまることもあり得ます。
肝臓の周りにある血管に異常が見られる場合、心臓に問題がある場合やリンパ管に支障があるケースなどに起こります。
治療はいろいろで、主因となっている不具合を回復させるか或いは利尿剤を活用して血管の水を出させることを通してアルブミンの濃さを上げ吸収する水分を増大させて腹水を減少させます。
あるいは、腹壁に対して直接的に器材を差してそれから腹水を除くという方法もあります。

スポンサーリンク