腹水 脂肪 見分け方

腹水と脂肪の見分け方とは

スポンサーリンク

腹水と脂肪の見分け方としてはいくつかあります。
まずお腹が急に出てきた場合には肥満として考えることができます。
ただそれ以外にも病気の可能性もあるため、お腹が急に出てきた場合には専門医に見てもらうのが安心です。
お腹が急に出た場合の腹水と脂肪の見分け方としては、その前に手足や身体のどこかにむくみが出ていたかどうかです。
腹水が原因の場合にはむくみが症状としてあらわれます。
またそのむくみの度合いはひどく、指でむくんだ場所を押しても戻らないほどになってしまいます。
その他の見分け方としては、脂肪でお腹が出ているのではない場合、お腹の張りを症状として感じることがあります。
健康な人でも少しはたまっている腹水ですが、あまりにも多くなってしまったり大量にたまるのであればしっかりと診てもらい、治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

脂肪の場合には、お腹だけではなくお腹以外にも症状があらわれるので、それも見分けるポイントの一つということができます。
さらに自分で行うことができる判別方法としては、お腹に力を入れて引っ込めることができるかどうかというものがあります。
引っ込めることができる場合、太ったことが原因と考えることができ、引っ込まない場合は皮下脂肪ではなく腹水がたまっていることが原因として考えることができます。
ただしこれはあくまで個人的に確かめるための方法であり、詳しい診断についてはお医者さんに診てもらって行う他にはありません。
お腹に水がたまる原因としては、肝臓で作られるアルブミンの低下ということが考えられます。
身体の水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧をキープする働きをしてくれています。
そのため肝臓の機能が低下すると腹水の症状が起こることがあります。

スポンサーリンク