胃がん 腹水 余命

胃がんによってたまる腹水と余命の関連性とは

スポンサーリンク

胃がんについては、とても進行が速く、転移する度合いも早いという傾向がある癌といえます。
胃がんは、相当進行した状況の下ではじめて病状が現れるようになり、早い段階では際立った特有の症状があまりないという、侮れない癌です。
胃がんの特有の症状として、腹部の痛み、さらに胃の違和感そして、嘔吐や、膨満感などがあります。
とりわけ留意が必要な症状として、黒い便が出ることです。
そういう色の便が出る時点では、癌が相当進んだ段階となります。
 胃がんの治療は異なる癌と同じ様に、薬物療法、さらに手術そして、放射線療法という療法があり、一般的に一人ひとりの患者の基礎体力や進行状況に対応して、医師が一番最適な療法を選択します。
それから、治療を実施する中で、腹部に腹水が溜まる患者も割と見られます。
腹水が蓄積されると余命が残りわずかという印象がありますが、必ずしも余命についてはそうではありません。

スポンサーリンク

胃がんが見られたことが直接的に要因となって、腹水が溜まることは基本的にありません。
胃がんに原因があるというより、癌が転移したことが要因となっています。
しかしながら、腹水がたまると緊急が要されることには違いありません。
腹水は食欲減衰や息苦しさに見舞われますので、緊急に入院することになります。
現代では、治療についても構築されており、食欲ももどして体の抵抗力も活発化し、癌のコンディションも良い方向へ行く患者もいると考えられますので、すぐに余命宣告されることはありません。
 腹水が溜まって胃において穴が開き、液が漏れる場合にはハイリスクです。
したがって、緊急入院が必要不可欠です。
強力な酸性の胃液がたくさん内包されていますし、ガン細胞も入っています。
そうした液が多くの時間腹部にたまるという状況は、癌転移といったリスクが避けられません。
対処療法として、利尿剤などで体外に排泄させる治療法が行われます。

スポンサーリンク