腹水を減らす方法

腹水を減らす方法について

スポンサーリンク

人間の体の中にはたくさんの臓器があります。
この中で肝臓に関しては以上があってもなかなか自覚症状がありません。
そして何か自覚症状を感じたときには、すでに症状が進行していると判断することができます。
肝臓は血液のなかの浸透圧を調整するために必要な、アルブミンというタンパク質を合成しています。
しかし病気によってお腹に水がたまることがありますが、この場合アルブミンの合成がしっかりと行われていないということになります。
アルブミンは血液中にあるタンパク質の1つであり、そのタンパク質の半分以上の割合となっている大切なものです。
働きとしては血管のなかの水分の量を保ったり、余計な水分に関しては血管のなかに取り込むというような働きをしています。
このアルブミンの量が少なくなってしまうと、体に浮腫などの症状が現れます。
このほかに外に漏れた水分を血管のなかに戻すことができなくなってしまうので、水がたまってしまうという症状を引き起こします。

スポンサーリンク

このように体にたくさんの水分がたまってしまった場合には、腹水を減らさなければいけません。
腹水を減らす方法としては、治療の際に安静を保つことが大切になります。
安静にするということで、肝臓への血液の流れを増やすことができるからです。
腹水を減らす方法として安静がありますが、こうすることで腎臓への血液の量を増やすことができるので、排尿状態の改善にもつながります。
腹水を減らす方法として、利尿剤が使われることがありますが、この場合少しずつ腹水を減らすことができます。
しかし薬では減らすことができないという場合には、腹腔へ直接針を刺して腹水を外に出すということが行われています。
この時外に出した水はどうするのかというと、ここには体に必要な栄養素がたくさん含まれているということで、不要なものは取り除いて必要なものを濃縮した後にもう一度体の中に戻すということが行われています。
これは環流療法と呼ばれている方法となります。

スポンサーリンク