膵臓癌 腹水 症状

膵臓癌の症状と腹水の関係性

スポンサーリンク

膵臓癌は症状が少なく、早期発見が難しい病気です。
症状が出にくい理由としては、膵臓が体の中心部にあり、外との連絡に乏しい事が挙げられます。
膵臓癌が進行すると、腹痛や体重減少、腹腔内に水がたまる事があります。
お腹が張って苦しくなる、食欲低下や呼吸困難などが主な症状です。
患者さんの体力などを考慮しながら、お腹の中の水を抜く処置が行われます。
膵臓癌が悪化すると、癌性腹腔炎を起こす事があります。
腹腔内に、がん細胞が散らばるようにして広がり、腹膜が炎症を起こした状態です。
健康な人の腹腔には、常に20から50ミリリットルほどの水がたまっているのですが、この量が異常に多くなると臓器を圧迫して、働きを悪くしてしまいます。
腹水がたまると、お腹がぽっこりと膨れ、息苦しくなる事によって自覚出来ます。
胃が圧迫されて食欲が落ちる事もあります。

スポンサーリンク

腹水は専用の器具で抜く事が出来ます。
腹水にはアルブミンやグロブリンなど貴重な栄養や免疫物質も多く含まれているため、一気に抜いてしまうと体力が低下します。
患者さんの状態に合わせて徐々に抜いていったり、まずは利尿薬で尿の量を増やす事によって排出したりする事があります。
最近では、抜いた腹水をろ過して必要な成分を再び体内に戻す腹水濃縮ろ過という方法も行われています。
また、腹水がたまっている場合は、血中のアルブミンが欠乏している事がほとんどですので、アルブミンを補充する事もあります。
アルブミンは、血液中にあるタンパク質のひとつです。
血管の中の水分の量を保ったり、余計な水分に関しては血管の中に取り込むというような働きをしています。
このアルブミンの量が少なくなってしまうと、外に漏れた水分を血管の中に戻す事が出来なくなってしまうので、水がたまってしまうという症状を引き起こします。

スポンサーリンク