腹水 お腹の出方

肥満と腹水とのお腹の出方の違いや症状について

スポンサーリンク

腹水とは、腹部に水が溜まることを言います。
私たちは、健康な場合でも腹部に少量の水は溜まっています。
これは、腹腔内の液体が溜まるようになっているからです。
しかし、何らかの原因によってその量が大量に増えることがあります。
その一つに「お腹の出方」があります。
お腹が急に出てきた場合、大抵の人は「肥満」によるものと考えますが、実は肥満以外にも様々な原因が挙げられます。
その中でも「腹水」は、肥満とお腹の出方が似ているため、見分けがつきにくいと言われています。
「腹水」の場合は、腹部に水が溜まるので、手足など身体のどこかにむくみの症状が現れます。
このむくみの度合いは酷い事が多く、指でむくんだ部位を押しても戻らないほどのむくみがあります。
また、肥満とは異なる「お腹の張り」も見受けられます。
次に「肥満」の場合は、脂肪が溜まる事でお腹が出てきます。
また、身体が太った場合にはお腹以外にも脂肪が溜まりやすくなります。

スポンサーリンク

自分での判別方法としては、お腹に力を入れて引っ込む場合は「肥満」が原因で、皮下脂肪のつきすぎでお腹が出ている事が多いです。
逆にお腹に力を入れても引っ込まない場合には、皮下脂肪が原因ではなく「腹水」が溜まっている事が原因となります。
腹水になる原因としては、腹膜炎や腹部の悪性腫瘍などの疾患が挙げられ、リンパ管などから液体が溢れ出し、腹部に大量の液体が溜まるのが原因です。
また、お腹の出方にも特徴があります。
単にお腹が出ているのではなく「カエルのお腹」のようにポッコリと腹部が大きく膨らむ症状があります。
そのほかにも、体重の増加や尿の量の減少、腹部の膨満感なども発症します。
このような症状がある場合は、一度病院で検査を受けるのが望ましいと言えます。
腹水の有無は、打診や超音波などの検査で確認する事が出来き、お腹が張ってきて気になる場合は、内科の受診で検査を受けるかどうか相談もできます。
自分で判断せず、医師と相談する事も大切なことと言えます。

スポンサーリンク