癌 腹水 余命 年齢

癌に関わる腹水の症状や治療、年齢、余命について

スポンサーリンク

癌による症状はとても様々です。
初期の症状で医療機関を受診し、癌と診断されれば早い時期に治療を開始できます。
部位によっては、初期症状が現れにくく、受診したときには末期となっていることもあります。
早期の発見には定期検診が重要になってきます。
症状には「腹水」というものがあります。
これは、癌細胞があちこちに散らばり、炎症を起こし、血管などから体液が漏れ、腹腔内に溜まってしまうことで起こります。
一般的に腹水の症状が出ることは末期といわれていて、余命数ヵ月の場合があります。
腹腔には100ミリリットル未満の水がありますが、これが腹膜炎により、1リットル以上になると自覚症状が出てきます。
水の量が多くなると、臓器を圧迫するので呼吸がしにくくなったり、苦しくなったりします。
苦しさを解消するために、患者さんにあった方法で治療が行われます。

スポンサーリンク

腹水の治療は、抜いてしまう方法があります。
専用の器具を使用してお腹から水を抜きます。
その他に、利尿剤を使用することがあります。
体内の水分を排出することが目的です。
腹水は体に必要な栄養分などが含まれています。
抜いてしまうことで体力を奪ってしまいます。
癌患者さんの年齢は高齢であることが多く、お腹から水を抜いてしまうことは余計に体力を奪ってしまいます。
また余命がわずかな患者さんでも同じことが言えます。
年齢や余命によっては、我慢を強いられることがあります。
ですが、最近では、腹水を抜いて、そこから必要な成分を体に戻すという治療方法があります。
これにより、年齢や余命に関わらず治療ができるようになってきました。
実際に、余命数日と言われていた患者さんが、ご飯を食べられるようになり、癌の治療を再開できるようになったケースがあります。
このように新しい治療方法が開発されてきています。

スポンサーリンク