婦人科 腹水

腹水と婦人科系の病気との関連性

スポンサーリンク

腹水は、腹部の臓器と臓器内にある腹腔に対して、通常より水が貯まった状況を意味します。
通常の水の量は最大でも50ml程になります。
疾病などにより水が貯まると、外見的にも腹部が膨張します。
それから、ベルトがハードになった、さらに腹部が張った感じ、食欲が出て来ないなどの特有の症状が発生します。
背景にあるのは、血中のアルブミンという名のたんぱく質の減少、炎症による血液から流れ出る水分増加などが挙げられます。
腹水が生じやすい婦人科系の疾病については卵巣がんがあげられます。
婦人科のがんが進行しているときの特有の症状の一つで、これを足掛かりにがんを見つけ出すこともあります。
卵巣がんによって腹水が蓄積されるのは、がん細胞が卵巣より腹腔内に侵入して、転移する傾向が高く、結果的に、腹腔機能が落ち込んで水が滞留しやすいと言われています。
普通のがんは、水が蓄積されると末期となっていることが多いですが、婦人科の卵巣がんのケースでは、5年後に生存する率は8割程度といわれています。

スポンサーリンク

卵巣がんでも腹水が蓄積しやすいのは、進展の速い漿液性腺がんおよび、移行上皮がんになります。
漿液性腺がんは発見したころには進行中が多いことから、僅かでも気になることがあったなら、間髪をいれず婦人科で診てもらうことを意識しましょう。
腹水に対する治療の原則的は、原因に対する治療です。
卵巣がんの治療の仕方は、早期では手術によって腫瘍を除去します。
この際、卵巣は当然の事、子宮などを除く事が少なくありません。
これらについては転移のリスクが高いためです。
しかしながら、若年層の女性や妊娠することを希望している女性は、腫瘍部分のみを除くこともあり得ます。
酷くなっている場合は、抗がん剤の化学療法が大事になってきます。
手術可能である場合も術後に抗がん剤を利用します。
加えて、抗がん剤によって腫瘍を抑えてから手術するケースがあります。
手術が不可能な場合も、卵巣がんは抗がん剤の効果が見られるので、優先して用います。
婦人科は行き難いなどと考えず、積極的に受診しましょう。

スポンサーリンク