腹水 呼吸

腹水による呼吸困難について

スポンサーリンク

腹水は腹部にたまった水分ということを意味します。
胴部には袋状の膜を持っていて、膜中に、膵臓であったり肝臓など大事な臓器が内包されています。
臓器ではない部分は腹水という形の液体で満たされてています。
そのボリュームは健康的ならば一定の水準です。
腹水がたまる原因である病状で有名なのは肝硬変といえます。
肝硬変はアルコール類の過飲が根本原因であったり、ウイルス性感染が原因とも言えます。
肝硬変が引き起こされると、全身の栄養を運搬するアルブミンという名のたんぱく質が少なくなります。
アルブミンはとても大切なタンパク質で、健康診断の検査で栄養実態を確認する指標になります。
アルブミンの低下は血中に水分を留めることが行えなくなることを指しています。
腹部には胃や大腸などいろいろな臓器があり、臓器毎にいろいろな血管があります。
こうした血管から、アルブミンが減ることで水分が血管から流出するという訳です。

スポンサーリンク

アルブミンの低下で血管より水分が出やすくなれば、腹水は少しずつ増加し、腹部に溜まります。
肝硬変が悪化するほど蓄積されやすく、肝硬変末期では多くの腹水が溜まります。
腹水がお腹に多量にたまってしまうと、腹部が膨れ上がることで横隔膜が上の方へ押し付けられます。
横隔膜から上の肺の部分を胸腔と言いますが、その胸腔が、横隔膜が上げられることを通して狭くなります。
その結果、肺を拡張するときにはたらく胸筋が働けなくなったり、肺が膨らみづらくなったりすることから、呼吸困難に陥るようになります。
呼吸困難となる原因は腹部が膨れ上がっているということなので、たまった水を出せば、呼吸困難は無くなることに繋がります。
この治療方法がいわゆる腹腔穿刺といわれるものです。
お腹に針をさし水分を着実に段階的に抜きます。
時間をかけなければ血圧が下落しショックをもたらす可能性があります。

スポンサーリンク