腹水 肥満 男女別

腹水の原因や症状、肥満、男女別の違いなどについて

スポンサーリンク

腹水とは、何らかの理由で腹腔内に水が溜まった状態のことです。
原因は様々です。
肝硬変などの肝臓の病気であったり、ガンによるものだったりします。
腹水が溜まるとお腹が膨らんだりしてきます。
肥満の場合なかなか気付かないこともあります。
肥満を男女別に見ると、男性の割合が多いです。
他の病気の原因ともなるので肥満には注意が必要です。
ガンの場合、男女別に見ると、60代以上になると男性の方がガンになりやすいと言われていますが、腹水が出やすいガンは、消化器系と卵巣などの女性特有のガンです。
肝硬変は男女別では男性の方が多いです。
腹腔内に水は健康な時でもあります。
病気によって増えてしまい、肺などを圧迫するので息苦しくなったり影響が出てきます。
通常は100ミリリットル未満ありますが1リットル以上に増えると違和感など自覚症状がでます。

スポンサーリンク

腹水の治療方法は、患者さんの状態などによって変わってきます。
専用の器具を使って、お腹から水を抜く方法があります。
大量に水が溜まっているときなどにこの方法を使うことがありますが、時間が経つとまた水は増えてきてしまいます。
また、腹水には栄養分などが含まれているため、抜くことで体力を奪ってしまうこともあります。
体の水分の調整をする方法もあります。
利尿剤を用いて水分の排出を行います。
この二つの方法を、体力的に行えなかったり、薬剤を使えない場合、我慢を強いられることがありましたが、現在では、抜いた水から体に必要な成分を、また体に戻す治療法も行われています。
この方法により、食事ができるようになり、ガンなどの治療も再開できるようになったケースがあります。
腹水の原因は色々あり、それに合わせて治療方法も様々ですが、我慢する必要がない新しい治療方法も出てきています。

スポンサーリンク