男女別の腹水と肥満の見分け方

スポンサーリンク

腹水とは、肝硬変、腹膜炎、ガンなどの疾患が原因となり、お腹の中にある腹腔という場所に異常に体液などの水分が蓄積した状態のことを言います。
腹水は食事療法や薬物療法などを行うことによっておこる場合や、ガンなどの疾患によって起こる場合等ケースは様々です。
少量であれば自覚症状はありませんが、1リットル以上溜まると違和感を感じて、胃が圧迫されることによって、食欲不振や吐き気などの症状が出てきます。
肥満は健康体に発生しますが、腹水は臓器系の機能障害によって発生すことがあり、腹部が急に出てきたというのは重大な病気のサインでもあるので、急に腹部が出た場合は肥満だと自分で判断せずに病院で診てもらうとよいでしょう。
腹水と肥満の見分け方は腹水の場合、何らかの体調の悪さなどを伴う場合が多く、臓器の機能障害が生じることが多いです。
肥満の場合は、健康でしっかりと食事を摂取していて体重増加を感じる場合です。

スポンサーリンク

男女別での見分け方に大きな違いはなく、男女ともに肥満は健康体の人が食事をしっかりと摂取している生活をしていて、体に不調を感じない場合はお腹が出てくることが多いです。
腹水は、同じお腹が出てきても体調不調を感じたり、お腹以外の場所は痩せているのに、お腹だけ出てきた場合等は注意が必要です。
以上のように見分け方は存在しますが自分で決めつけずに病院で検査してもらうのが一番です。
気になる場合は病院で診察してもらうといいでしょう。
有無は男女別ではなく、男女ともに超音波検査やCT検査によって確認されます。
また、男女別の違いとしては女性の場合下腹部は女性特有の病気の可能性がないとは否定できないので婦人科などを受診するのも方法の1つです。
治療方法は、ひどい場合は腹壁に針を刺して水を抜くという方法で、抜いた後はいったん落ち着くのですが、主原因を解消しなければ再び水は溜まってしまいます。

スポンサーリンク