腹水 種類 症状

腹水の症状の種類と対策について

スポンサーリンク

腹水は、腹腔に入る水が普通よりたくさんたまることを意味します。
一般的な水の量は50mL程度です。
水がたまる疾病の種類は、肝臓疾患がとりわけ多く、さらにほかの種類としてはネフローゼ症候群そして、腹膜疾患の人もなる場合が多い傾向です。
悪くなると、腹部がぽっこりと膨張しますので、直感的にわかります。
加えて、腹部の張りを察知したり、呼吸困難が現れることもあります。
たまる背景には、血中のアルブミンという名のたんぱく質が少ないことに起因するもの、腹水をつくるボリュームが多いこと、あるいは流れが支障を来すことによるものがあります。
症状の原因を究明し、症状の主因となっている悪い部分を加療することで特有の症状も快方に向かいます。
しかしながら、不具合が治らないケースでは腹水治療を実施します。
主要な治療の方法は、安静そして、食事制限療法、それから利尿薬、あるいはアルブミン投与になります。

スポンサーリンク

治療を実施しても成果が出ない場合、水を物理学的に抜き取るケースがあります。
腹水穿刺という形の腹部に針を刺し水を抜き取る手段です。
しかしながら、危険を伴います。
腹部に針を刺す方法ですから、苦痛もありますし、出血、さらに感染の危険性も見受けられます。
麻酔を行なうことから、痛みは僅かかもしれませんが、そうは言っても危険性があることに変わりません。
出血は、肝硬変の人は止血機能が悪化しているので、肝臓が適正な人より危険性が高いといえます。
加えて、急に除くと肉体の水分のバランス状態が正常に動かなくなり、心臓の負担や、栄養バランスが崩れることもあります。
こうしたリスクを軽減するため、近年CARTという名の新規の種類の治療法も出てきています。
これに関しては、抜いた腹水をろ過を行なって細菌などを取り除いて、アルブミンを濃縮し、ふたたび腹腔に戻すという方法になります。

スポンサーリンク