腹水 症状 経過

腹水症状の経過について

スポンサーリンク

腹水とは、何らかの疾患によって胃や腸などを包む腹腔に水がたまっている状態のことです。
胃や腸、肝臓などの内臓は腹膜と呼ばれる大きな膜で覆われていますが、その内側には臓器同士の摩擦を軽減させるための隙間があり、これが腹腔です。
この腹腔には20〜50mlの水があるのが通常ですが、何らかの疾患や病気が原因となって、たんぱく質を含む水が異常に増えてたまった状態を腹水貯留と呼んでいます。
腹水に水がたまる、つまり腹膜貯留が起こる原因は主に、肝硬変や癌などです。
そして、肝硬変などが原因となり、血管内の水分が溢れ出した[漏出液]が腹腔内にたまる場合を非炎症性、癌などによる炎症が原因で、血管内の成分が溢れ出した[滲出液]が腹腔内にたまる場合を炎症性として分類します。
[漏出液]は、たんぱく質の量が少ないため透明で凝固しにくい特徴があるのと反対に、[滲出液]は、たんぱく質の量が多く凝固しやすい、また混濁しているという特徴があります。

スポンサーリンク

腹水が大量にたまると、お腹が張る、膨らんで苦しいなどの症状が起こりますが、その症状の経過について詳しく説明したいと思います。
初期で腹水の量が少ない場合は自覚症状がないことが多いとされます。
そして、1L程度たまると徐々にお腹が膨らんできたり、体重の増加が見られるようになります。
腹部の膨張感や胃の圧迫などによって、吐き気や食欲不振などを伴うこともあります。
また、肺が圧迫されることで息切れなどが起こる場合もあります。
更に症状が進むと、血行不良や水分過多によって体の冷えや倦怠感、全身のむくみ、食欲減退によって栄養不良などが起こります。
このように経過に伴って、症状が腹部から全身へと広がり、悪化していくのが腹水症状経過の特徴であります。
癌などの治療中の方の場合は、病院または医師に適切な処置をしてもらうのが最善です。
その他、腹部などに違和感があるものの病院に受診していない方の場合は、すぐに受診、検査をするのが良いと言えます。

スポンサーリンク