膵癌 腹水 寿命

膵癌によって腹水がたまるケースの寿命の基本知識

スポンサーリンク

初期段階で、ほとんどのケースで自分で感じる症状がない膵癌ですが、進行に関してはスピーディーで、背中そして腹部の苦痛や違和感、さらに食欲不振などの特有の症状が出ます。
膵癌は、癌が膵臓のどんなところにできたか次第で特有の症状も、開きが出てくるのですが、黄疸が出たりする場合もあります。
 膵臓は、インスリン分泌に関わる臓器ですので、膵癌を患うと、糖尿病になったりします。
それに加えて、腹水がたまることもあり得ます。
腹水が蓄積するようになると、癌は随分進んでいることとなります。
膵癌が生じて、腹水がたまるという特有の症状は、寿命において余命が少ないステージ4になって現われるケースが多いといえます。
 膵癌は治療がとても困難で、唯一つ治癒を期待できる方法は、手術と言えます。
しかしながら、手術は、転移がないなどの必要な条件があり、手術可能は、初期と言えます。

スポンサーリンク

手術は、初期段階に制限されますので、末期治療として手術は範囲外となります。
生存率は非常に低いことが現状であり、ステージが悪化した場合は寿命について考えます。
末期のステージ4において施される治療は、化学療法となり、抗がん剤を介してのケアとなります。
それに加えて、寿命について余命を宣告された病を患っている方の多くの場合、メンタル的にも不安定となると言えます。
患者の状況によって、心と身体の重圧を緩和するために、緩和療法が実行される場合もあります。
 また、腹水というのは、血中のアルブミンが不十分になると、水分を血管に戻すことが支障を来たし、腹水がたまります。
腹水の治療は、利尿剤を用いて水分を体の外側へ出す薬剤治療が実施されます。
それに加えて、足りなくなったアルブミンを充足させるため、アルブミン製剤を投与します。

スポンサーリンク