腹水 減らす 方法

腹水の基礎知識と減らす方法とは

スポンサーリンク

あらためていうまでもなく、お腹は人が暮らしていく中で、とても大事な消化器が数多く入っています。
こうした臓器は、お腹の腹膜という袋という様な膜で覆われて、その上皮下脂肪でも包まれ外部からの衝撃から防護されています。
腹水については、その腹膜にたまる水のことを指しており、健康的な方の場合でも一定の水準に保持されます。
しかしながら、肝硬変といった非炎症性病態あるいは腹膜炎といった炎症性病態によって、腹水そのものが拡大してしまうことがあります。
お腹への水分がたまる要因については、アルブミンの低下であったり門脈圧上昇、さらに尿の量の急増などです。
アルブミンの低下は血管からの水の漏れという性質があります。
門脈は肝臓に結び付く静脈で、肝硬変がひどくなると血液が溜まり門脈の内圧が高くなって、血液が外へ漏れます。

スポンサーリンク

腹水がお腹に多量に貯留した場合、横隔膜が押し付けられることから、呼吸が苦痛になります。
肺が横隔膜の押し付けで膨らみづらくなると考えられます。
これに関しては物理現象ですから、お腹の水分を減らす方法で解消できます。
お腹の水分を減らす方法で、最も多い治療方法が腹腔穿刺になります。
腹腔穿刺は、お腹にカテーテルを刺し入ダイレクトに腹水を抜き出して減らす方法です。
水が抜けきれば、横隔膜の圧する働きは消え、息苦しさは解消します。
加えて食欲が改善することもあり得ます。
これについては、お腹が凄い量の水で圧迫されるが為に、消化器機能が悪化しがちだからです。
お腹に穿刺針を突き刺すとき、局所麻酔をすることもあって痛みはないと言えます。
ただし動くと針が外れる場合があることから腹腔穿刺の時は、安静が必要不可欠です。
それに加えて、腹水は、一回で抜けてしまうと、血圧低下などを引き起こすことも考えられます。
水分が急に出ないように留意が必要です。

スポンサーリンク