腹水 脂肪 違い 方法

腹水と脂肪との違いを知る方法

スポンサーリンク

確実に腹水か脂肪かを判断してもらうならば、医療機関で調べてもらうとよいですが、ある程度であれば調べる方法は存在しています。
腹水は、病気による影響でお腹に水がたまってしまいます。
少量の水ならば、誰のお腹にもたまっていますが、腹水になるとお腹がでてくるようになります。
脂肪も同様に増えすぎてしまえば、お腹が出てくることはよく知られています。
それぞれ違いがあるので、理解しておけば判断しやすいです。
脂肪がたまっていることでお腹が出ているならば、力を入れればひっこめることが可能です。
しかし、腹水の場合は力を入れてもお腹が引っ込まない特徴があります。
違いが分かっていれば、見分けがつきやすいですが確実ではありません。
正確に判断するためには、医師に診てもらう必要があります。
仮に引っ込んだとしても腹水がある可能性は残っています。
あくまでも、調べるための方法の一つです。

スポンサーリンク

お腹を引っ込める方法以外にも、腹水ならば体のどこかにむくみができているまたは、お腹に張りがあるといった違いもあります。
水がたまっている可能性があれば、放置せずに検査を受けるとともに治療が必要になります。
お腹に余計な水がたまる状況の多くは、病気が関わっています。
大量にたまっていれば、水を抜く治療も行われますが一時的な効果しかありません。
病気そのものを治さなければ、また水がたまります。
どのような病気が原因であれ、早期に発見して治療したほうがいいことはかわりません。
必要以上にカロリーを摂取したわけでもないのに、お腹が出てきたら脂肪ではなく病気になっている可能性も検討しておくとよいです。
体に変化があれば、早めに病院に行き検査を受けてみればいいです。
きちんと確認すれば、健康を維持するためにも役立ちます。

スポンサーリンク